「戦場(いくさば)ぬ止(とぅどぅ)み」の自主上映・こんなことになるのか!

私達・<ひらかた・ハチの会>でも自主上映を計画している映画だ。

こんな事になるなんて!表現の自由が危ない。

沖縄に対しての大きな差別だと思う。

「国政状況をくむことがある」という言葉が恐ろしくなってくる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~



辺野古抗議映画の上映 茅ケ崎市が後援拒否 市「国政状況くむことはある」


 神奈川県茅ケ崎市の市民団体が、沖縄県名護市辺野古(へのこ)での新基地建設に反対する住民の姿を追ったドキュメンタリー映画「戦場(いくさば)ぬ止(とぅどぅ)み」の自主上映会を市に後援申請したところ、市が断っていたことが分かった。市の担当者は取材に「中立性を欠いた表現や国政を批判する内容が含まれていると考え、総合的に判断した」と説明し、後援の可否で「そのときの国政の状況をくむことはある」と答えた。


 上映会は、平和学習のために写真展などを開催している市民団体「ピースカフェちがさき」など二団体が企画し、二十八日に行われた。後援申請は市男女共同参画課が取り扱った。


 ピースカフェちがさきの生越武子さん(65)は「十数年にわたって活動してきたが、後援を断られたのは初めて。地方自治体も神経をとがらせる時代になってしまったのかと思うと残念」と語った。


 この映画をめぐっては、千葉県山武(さんむ)市や兵庫県丹波市でも、上映会の後援申請を、自治体が「政治的色合いが濃い」などの理由で拒否している

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ *ポチ戴くと励みになります

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.