枚方市長選は終ったが・・・心配だ・・・



8月30日・安保法案反対の大規模のデモが国会を取り巻いた。

この状況の結果を見て維新の会の橋本市長は、これくらいの数で、

日本の国民の何パーセントというのか!と発言!で、炎上しているらしい

大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長は31日、

自身のツイッターで、

安全保障関連法案に反対する市民団体が主催した

30日の国会周辺の集会に関して「日本の有権者数は1億人。

国会前のデモはそのうちの何%なんだ? 

ほぼ数字にならないくらいだろう。

こんな人数のデモで国家の意思が決定されるなら、

サザンのコンサートで意思決定する方がよほど民主主義だ」と記した。

そして・・・

その日、枚方市長選挙が行なわれた。

その結果、維新の会の市長が誕生した。

争点が、この2年間位の市民の声は、複雑な美術館建設の事だった。

その事は、元市長の一番の問題だったため、焦点をそこに向けたのだ。

維新の橋本大阪市長の影響を受けている市長誕生に、不安を感じている。

まず、美術館問題は白紙にするかもだが、他の文化面での影響が一番に、

何らかの形で大きく変わりそうだ。今後目の話せない、枚方市になりそうだ。

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ *ポチ戴くと励みになります

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.