今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

法然院にて小出裕章さんの講演を聞く

nonoblog Post in いろいろ
0

IMG_1238

IMG_1227IMG_1235

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1229

法然院の<方丈の間>で2時~始まった講演と演奏そして、交流会と

盛り沢山のスケジュールの一日。

緑、豊かな庭に囲まれ、山本公成さんとほしこさんの演奏が始まった。

始めてみる楽器と音色にすっぽりと身をゆだねられた。

時折、木の葉が風のいたづらで、庭に落ちて行くさまも、鳥のさえづりが演奏の

仲間に加わる。アジアの何処か、少数民族が暮す山から谷間へと聞こえてくる様な

そんな世界が想像出来た。

その後、演奏を一緒に聞かれていた小出さんの話になる。

「もう、この法然院と演奏で充分のようですね」、というような柔らかな口調で始まり、

人間の起源の話からで、歴史の勉強をしているようだった。

地球は命が根付けた稀有の星、40億年前に誕生した所から、産業革命が始まって、

エネルギーを使い出す話に進んだ。それを法然院を中心とした円を描かれ、

46億年を460ミリに置き換える。

初期・・・人間が生まれて、法然院からそれは70センチ進むだけと。

そうした話で分かりやすく、エネルギーを使い出した歴史に話は進められた。

そして原子力を持つようになる。

後はそれぞれのグループに分かれ「ふるさと」について話合い、

最後に梶田真章さんと小出さんも、「ふるさと」のことの談義なんだが、

問答のようになり、楽しい雰囲気になった。

お二人のこうして並ぶショットもなかなか見れないと思った。

最後はみんなも参加しての山本公成さんの演奏で終った。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.