今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

突きつけられる・・・意見・・

nonoblog Post in 日々いろいろ
0

友人からメールが届いたのだが、私なども同じ想いを何度もしている。

今まで何を原発の事でして来たのか?と問われれば、何も答えられない自分がいるのは、確かだ。

先日の映画「ミツバチの羽音・・・」の監督・鎌仲ひとみさんも同じ事を言っていた。「今まで私達は

ここまで真剣に原発の事を考えて来ていないのです。その責任もあるし、これからの子供達にたいして

責任を持ってやらないとだめなところにきている。」と。

今までは本当にそうなんだから、否定は出来ない。でも、今から皆が考え、行動を起こさないと

ますます、酷い状態になって行く。極端に言えば日本って国が、機能しなくなっていくのではと、思う。

ーーーーーーーーーーーーー以下メール、 J氏より

友人たちが大切な情報をメールで知らせてくれます。それらを転送の形で、毎回100名ほど
の方に送っています。半数以上は普段会わない方々、原発のことを話し合ったことがないので、
どんな考えをお持ちなのか、分かりません。一方的に送りつけて、いいのかな。ずっと気になっ
ています。
迷いましたが、今生で出会ったのはすごい縁なのだ、と勝手に思いなして、送ることにしていま
す。 「共有できることを願っています」

 こんなコメントをいただきました。
 「私は推進派、デンキ使いたいだけ使いたい。もう、あんなメールを送らないで」
 「10~20年前、原発が建設される時に、それと同程度の効率的かつ経済的な自然エネルギー
があって、原発とどちらかを選べるような選択肢があれば、堂々と文句は言えます。(それ見ろ、
やはり原発は作るべきではなかったと。)」
 とげが刺さったように感じました。 
「様々な意見があることは理解しています。今後、私の立場でのメール無用の方はお知らせくだ
さい」
こう返信するのが精一杯でした。とげのうずきは消えませんでした。受信ボックスを開けるたび
に見えるのが苦しくて、いただいた最初の返信は削除しました。

 最近会った女性から、こんな話を聞きました。
20年ほど前、アメリカ人と結婚して米国へ。なんの予備知識もなくIndian(注)居留地に連れ
られて行った。 (注:呼称は諸説あり。近年のNative Americanは白人造語だとし、彼らはInd
ian やAmerican Indianに誇りを持っているようです) 

 「日本人がやってくる。謝罪するように。古老からの言い伝えがある」 
 「何を謝罪するんですか」
 「ヒロシマ、ナガサキにアメリカが落とした原爆のウランはわれわれの居留地から掘り出され
た」

 〈とげのうずき〉の正体を教えられました。福島原発の大事故前には推進派の一枚岩にあきら
めていた自分がいます。斜に構えて
 「放射能が撒き散らされる大事故が起こらなければ、何も変わらない」
 これが私の心の正体でした。しかし、福島の現状、とくに子供たちの犠牲を見ると、居ても立っ
ても居られない気持ちになりました。

 「原発 NO! 」 と、どれだけ思っていても、結果として容認していたのは私です。あきらめ
ていたことは『私は推進派』とコメントされた方と二卵性双生児です。
 『お前は代案を主張して実現させたのか』 お返しする言葉がありません。
 しかし、こんなとき、今こそ 「NO!」を声にしなければ・・・無言であった罪を重ねること
になると思っています。
これほどの犠牲が払われても、原発廃止は明言されていません。それどころか、利権に群がる推
進派は虎視眈眈とチャンスをうかがっています。
横向きに手をつなぐことが大切、それこそが力になる、と確信しています。みんなのつながった
手で原発を取り囲みましょう。 今後もメールを送りますのでよろしくお願いします。

   6月11日 日本全国で一斉にデモ&パレードが開催されます。各地の情報リンク。
http://nonukesmorehearts.sblo.jp/article/45476504.html

 ーーーーーーーーーーーーー以上 メールより

京都のシンポジュウムで、会ったふりつさんも、各、国々に行かれたり会議に出られたりしていますが、

ウランはほとんどの国では、先住民のところで掘り出している。その後のカス「ばたやま」のような、高い山が、

あちこちに出来ている。写真を見たがその数は、広大な土地を、埋めていた。その側に先住民がいまだに住んでいて、

子供達に、被害がでている。何故?と思うが原住民の人が住んで居た所は、「神の山」神聖なところに住んでいる。

たぶんエネルギーが、宿っている場所だったのではないかと、私は理解した。

今、フランスと日本の大企業が新しくアフリカでウラン採掘の事業をたちあげている。また、先住民のところである。                                   


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.