今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

プリンセストヨトミ

nonoblog Post in 勝手にシネマ
0

20110302007fl00007viewrsz150x

 

 

 

「鴨川ホルモー」などで知られる人気作家・万城目学の直木賞候補にもなった小説を、

『HERO』の鈴木雅之監督が映画化した歴史ミステリー。

会計検査院による査察をきっかけに、約400年もの守られてきた秘密が発覚し、

大阪中を巻き込む大騒動に発展していくさまを描く。物語の要となる3人の調査官を、

堤真一、綾瀬はるか、岡田将生が好演。歴史に裏打ちされた緻密(ちみつ)な構成と、

個性豊かな登場人物たちが織り成す奇想天外な万城目ワールドに魅了される。」

ーーーーーーーーーーー

と。紹介されていたが、万城目作品の鴨川ホルモーなど面白かったので、とても期待していた。

まずの驚きはファーストシーンで、人が居なくなった新世界あたりを走る「綾瀬はるか」が映し出される。

道頓堀のいわゆるひっかけ橋も走っている、が、薄いTシャツの綾瀬の胸が、ゆさゆさとゆれている。

おばあちゃんになっている私でも気になるのだから、若い男はどうなんだ?

綾瀬フアンだと、たまらないだろう?そのシーンばかりが気になるはず。舞台衣装をしていた私でも

衣装からすると、そこは、注意点だが・・・。もし気が付いていたとすると、狙いだとすると監督の趣味だろう。

それも、最後にも出てくる。気になり方はハンパではない。一緒に言った友人も開口一番、その話題だった。

二人とも、とても期待していた映画だったのだで、鴨川ホルモーほどの面白さもなく、宣伝が多かった割には

どきどき度もわくわく度もなく、ハッキリいえばがっかりだった。

岡田将生の役どころもはっきりしないし、大阪国の意志も伝わりにくいし、開かずの扉を行くと・・・の

一番の見せ場も、えッて感じで・・・。原作は読んでいないが、期待が大き過ぎたのかもしれない。

大阪の人間は、もっと、きっちり大阪弁を使って欲しかったのも大きな要因ですかな?

世の男たちよ!「胸ゆれる・・・綾瀬はるか」だけ観にいくんじゃーねえぞーー。よけい、行くか!ハハハ・・。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.