今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

「駆け込み女と駆け出し男」

nonoblog Post in 勝手にシネマ
0

 width=

 

 

 

 

 

 

 

 

解説

劇作家・井上ひさしが晩年に11年をかけて執筆した時代小説「東慶寺花だより」を映画化。

江戸時代に幕府公認の縁切寺であった東慶寺を舞台に、

離縁を求めて寺に駆け込んでくる女たちの聞き取り調査を行う御用宿の居候が、

さまざまなトラブルに巻き込まれながら訳あり女たちの再出発を手助けしていくさまを描く。

『クライマーズ・ハイ』、『わが母の記』などの原田眞人監督がメガホンを取り、

主演は大泉洋。寺に駆け込む女たちを、『SPEC』シリーズなどの戸田恵梨香、

実力派の満島ひかりらが演じる。

あらすじ

江戸時代、幕府公認の縁切寺として名高い尼寺の東慶寺には、

複雑な事情を抱えた女たちが離縁を求め駆け込んできた。

女たちの聞き取り調査を行う御用宿・柏屋に居候する戯作者志望の医者見習い・

信次郎(大泉洋)は、さまざまなトラブルに巻き込まれながらも

男女のもめ事を解決に向けて導き、訳あり女たちの人生の再出発を後押ししていくが……。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これは、井上ひさしさんの原作であるから、いろんなところで、舞台的で、

オープニングの音楽から吸い込まれるような雰囲気ではじまった。

単に駆け込み女の話ではなく、もっと複雑でしきたりの面白みも妙に進んで行く。

俳優さんたちも見事にそれぞれの役にはまり、魅了して行く。

長い時間を思わせない展開のあり方。

もう、一回見ただけでは分かりにくい台詞などや、複雑さがある。

もう一度、直ぐに観たい映画であった。

紗で出来た<のれん>の使い方の見事さと美しさに、ほれぼれした。

満島ひかりの美しさと所作の細やかさも、息をころして見るほどだった。

原作を読む気になる。

 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.