今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

ドラマ・「だから荒野」最終回・良かった!

nonoblog Post in いろいろ
0

桐野夏生

 

 

 

 

 

 

 

<原作・桐野夏生さん>

【出演】鈴木京香 杉本哲太 高橋一生 YOU 濱田龍臣 前田公輝
でんでん 小野ゆり子 泉谷しげる 豊原功補 笹野高史 品川徹

【原作】桐野夏生
【脚本】浅野妙子ほか
【音楽】大島ミチル
【演出】渡邊孝好 山内宗信 金澤友也
【制作統括】篠原圭 銭谷雅義 黒沢淳

原作 だから荒野
もう二度と会うことはないでしょう。
46歳の誕生日。身勝手な夫や息子たちと決別し、主婦・朋美は1200キロの旅路へ――
「家族」という荒野を生きる孤独と希望を描き切った桐野文学の最高峰!
大反響の毎日新聞朝刊連載に、大幅な加筆修正を施して書籍化。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3話ぐらいまでは、なんとなく観ていたドラマで、そんなに大きな興味が無かったが、

高橋一生の演じる青年に不思議さを感じてから、ちょっと熱心になる。

昨日、最終回でそれぞれの生き方と自分の想いを言葉にし、伝える大切さが

丁寧に創られていて、久々に良いドラマに出会った。

単なる一つの家族の話ではなく、いろんな所で「生きる」、どう「生きる」かを

観ている私達にも問いかけて来るような・・・。

印象的な台詞で「<広島は怒り、長崎は祈り>と、原爆のことをいうのだよ」。

今日はドラマで重要な役を演じられた品川徹さんがスタジオパークに出演されていて、

長く俳優としての苦労話をされていた。劇団はどこも同じようなものなんだと思った。

今回の役を、品川徹さんが演じられていたから、重厚感が増していた。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.