今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

「小野寺の弟 小野寺の姉」

nonoblog Post in 勝手にシネマ
0

小野寺の弟

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テレビドラマ「実験刑事トトリ」シリーズや『アフロ田中』などに携った脚本家・西田征史が、

初監督に挑んで放つコメディードラマ。一軒家に暮らす恋愛に消極的な弟とパワフルな姉が、

誤って配達された手紙をめぐってそれぞれの恋と人生が懸かった騒動を巻き起こしていく。 2

013年に上演された舞台版でも主演を務めた、数々の出演作を誇る片桐はいりと

テレビドラマ「S -最後の警官-」などの向井理が主人公の姉弟を快演。

彼らの息の合った姉弟ぶりもさることながら、

涙と笑いが絶妙に配分された 人情味満点の物語も見どころ。



あらすじ


両親を早くに亡くしてから、離れることなく2人で一つ屋根の下で暮らしている、

40歳のより子(片桐はいり)と33歳の進(向井理)の小野寺姉弟。

過去の失恋がトラウマとなって恋愛に臆病になってしまった進、

こだわりが人一倍ある上に生命力が異常に強いより子と、クセのある姉弟だったが

ほどよい距離を保ちながら共同生活を送っていた。

そんな中、彼らのもとに一通の郵便が誤配達されてくる。

その手紙をきっかけに、姉弟の恋と人生が思わぬ方向へと転がりだしていく

~~~~~~~~~~~~~~~~~~^

どんなに転んでも何処も似ていない姉弟の設定キャスト、それだけで笑ってしまう。

昭和の臭いがぷんぷんする家、部屋の置物、珠すだれ、台所と全てが懐かしい世界に

引き入れてくれる。商店街もこれで成り立っているのかというような町。

そこで日常の切り取りが、無理なく進む。何も難しく考えずに楽しめる映画。

忙しい日常を過ごしている私達に、ひと時のいこいを与えられる。ちょっと切ないが。

個人的にはムロツヨシさんのファンであるから、もう少し絡んで欲しかったかな?

片桐はいりさんは、さすがの一言、向井理さんはこんな役が良いのかも。

ぼそぼそと言っている台詞なので現実感があった。

最後まで、気になったのは片桐はいり、より子の幼き頃の子役だ。

この子役が、大人の役者を食ってしまい、持って行かれた感がある。

誰なのか!あの、安倍寛との「ゴーイング・マイ・ホーム」の蒔田彩珠か?

映画関係の方はお気づきで無いかも知れないが話題になっているはず!

上手い役者さんには気の毒になるくらい持って行かれましたよ。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.