「ジャージー・ボーイ」

ジャージ・ボーイズ





















『グラン・トリノ』などの名匠クリント・イーストウッドが監督を務め、

ブロードウェイの大ヒットミュージカルを基に描くドラマ。

1960年代にザ・ビートルズと並ぶほどの人気を誇ったアメリカのポップスグループ、

ザ・フォー・シーズンズの光と影を数々の名曲と共に映し出す。

ブロードウェイ版同様ジョン・ロイド・ヤングが、バンドのリードボーカル役を担当。

グループの宿命でもあるメンバーの友情と不和、栄光と転落の物語が胸に響く。

シネマトゥデイ (外部リンク)







あらすじ


ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、

その掃きだめのような場所から逃れるために歌手を目指す。

コネも金もない彼らだが、天性の歌声と曲作りの才能、

そして素晴らしいチームワークが生んだ最高のハーモニーがあった。

やがて彼らは「ザ・フォー・シーズンズ」というバンドを結成し、

瞬く間にトップスターの座に就くが……。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もう、懐かしい音楽の中にすっぽりと、包み込んでくれた。

楽しいワクワクするだけの音楽を聴いていただけだったから、

このグループが、どんなグループだったかは、全く知らずにいたので、

物語りも新鮮に受け止められた。映像にはふんだんに周りの風景、家、車、

家具、服装など細やかに描かれていた。

それがみなおしゃれなのだ。この時代がこんなにおしゃれだったんだと、

新鮮に捉えられた。今の時代の不安定や争い事とは違う、はっきりとした差別や

貧しさなどがあったにしろ、握手だけで契約の信頼関係を持てる事に、

美しい人間模様が、映し出されていた。クルントン・イーストウッド監督ガ創る、

人間に対する大きな愛を感じる映画だと。



にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ *ポチ戴くと励みになります

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.