今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

「柘榴坂の仇討ち」

nonoblog Post in 勝手にシネマ
0

 

映画 柘榴坂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『鉄道員(ぽっぽや)』など数多くの著作が映画化されてきた人気作家・

浅田次郎による短編集「五郎治殿御始末」所収の一編を映画化した時代劇。

主君のあだ討ちを命じられた武士の不器用な生きざまを通し、幕末から明治へと時代が激変する中、

武士として、人としての誇りと覚悟を持って生きる侍たちの姿を描く。

監督は『沈まぬ太陽』などの若松節朗、音楽を映画音楽の巨匠・久石譲が担当。

『壬生義士伝』などの中井貴一が主人公を熱演し、阿部寛、歌舞伎役者の中村吉右衛門ら実力派が共演する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初めから終わりまで、静かな映画でした。

キャストに興味を持ち観にいったので、それは間違いなかった。

しかし、悪い癖で想像が出来てしまうのだ。そのとおりだったかな?

浅田次郎さんと中井貴一だから・・もちろん、当たり前に真面目な映画だ。

客層を意識してか、おさまり過ぎているのが、なんともむずかゆい。

女優陣が、出るとほっとしてしまう。広末涼子さんは、こうした役が似合う。

時代が大きく変動する時、ここには描ききれない大きな犠牲が伴う。

どんな世も同じだと思うのと、世の中の先を見通す人たちが存在したことを

忘れてはいけないと。

ーーーーーー

ただただ、この日、後ろの席で、シニア夫婦の奥さんが話すマナーに、

怒りシントウ!後ろでぼそぼそと解説しているのだ。

とうとう、席を移動した!

最近シニア(私もだが)の、マナーが酷いと思う。

若者よりひどい事も!映画に集中出来ないほど悔しい事はない!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.