今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

法事

nonoblog Post in 日々いろいろ
0

 法事があった。 叔母の7回忌と、別の叔母の13回忌だった。 もう、そんなになるのかと

思ってしまう。親戚も、そんなに集まる機会もないので、こうした法事ぐらいになってしまった。

今日のおつとめは長いおつとめをしていただいた。聞いているといろんな想いに引き込まれた。

 その後の法話が好きだ。昔はそんなに入ってこなかった話も、年のせいかすんなりと腑に落ちる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 「法事がなぜあるのか、ご存知でしようか?

こうした法事で、ご親戚の方々と会われるのも、大事な事です。亡くなられた方を皆さんで、

思い出していただくのもあります。皆さんが今、ここに居られる。それまでの10代目ぐらい前に

さかのぼると、どれくらいの人数になるか、知っていますか?1024人なんです。それだけの人が、

ご先祖にいて、みなさんがいるのです。ですから、その1024人の方々にも、感謝をしていただく、

法事でもあります。女の方、男の方このどちらかが、かけてもいけないのです。

<おんな 辺>の字がどれくらいあるか、知っていますか?<女 辺>は沢山あります。

まず、<おんな 辺>に良いと、書いて娘ですね。皆さん、娘時代が一番良い時代と言う事になります。

どんなに、年をとっても、お母さんからすると、これが娘ですといって貰えますね。

次におんな辺に家で嫁です、家に嫁ぐのですね。そして母になるのですが、母と言う字は、女の字を

長く伸ばしたとも言われています。また、母の字を横にすると、おっぱいのようだとも言われています。

次に、おんな辺に古いで姑になります。

そして、波の下に女で、婆さんになります。婆は荒波を越えて来たからともいわれています。

でも<おとこ 辺>は少ないのです。田の下に力と書いて、男になります。仕事を力強くすることですね。

余り男に、表すのがないのですが、いさましくは、仕事を頑張って欲しいからでしょうね。勇ましくですね。

今は、女性にそれもとられそうですが。(笑い)」と、今だからか、考え深げな話だった。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.