今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

韓国公演・お国柄さまざま・・

nonoblog Post in 森田 有さんの仕事
0

ぢらいカラー2

前回の韓国公演で、最後の日のパーティーは、バイキング料理あり、

音楽・最後には皆で踊りまくり賑やかで楽しい締めくくりだった。

唯一、残念なのは、言葉の壁!日本チームでは、二人ほどが、英語が堪能なんだが、

後はみんなさっぱりで、手振り身振りで何とか通じたかな?ばっかり!

ああ~やはり、英語が喋れないと・・恥ずかしい・・。

韓国は子供の英語力が高く、外国人を見ると、この時こそ自分の英語力を試すんだと、

ノートを持って寄ってくる。こちらが英語がダメだと知ると、少しだけの軽蔑の目を

投げかけ去って行き、別の国の人と楽しそうに話している。

最近になり日本の子供にも英語力をと、取り組みがはじまっているが、かなりの遅れかと。

韓国では、日本語、英語は生きていく上で必要不可欠なんだ。

大人になってからの就職の選択肢に大きく関わってくるので、幼い頃からそれを叩き込まれる。

しかし、この頃地下鉄やバスやその他でも、英語の案内が全くなくハングルのみ、我々は通訳が

いないと動きが取れなかった。

それは、まだ政府が、戦争の名残りで、英語と日本語は公の所では禁止していた。

だから、芝居で日本語で、公演することも本来ならば異様なことだったのだ。

私達の劇団員は、普段は職業をそれぞれに持っていた。休みを取って参加出来るのは、

せいぜい3日ぐらいだった。

そんな中、2日ぐらい前に現地に入って、交流を深めていてくれたM氏がいた。

彼ももちろん仕事もあり、簡単に休みが取れたわけでもなくが無理をしていてくれていた。

このメンバーの中で一番英語も堪能だったので、私達がついた頃にはすっかり馴染んでいた。

パーティー後劇団のメンバーだけで少し話と酒とを飲み、それぞれの部屋へ。

次の朝、M氏の話し、男の人はその後も、議論白熱、喧々囂々だったそうで、やっとお開き、

T君が居ないことに、気付き探しに出ると、廊下にすっぽんぽんの男性が・・。

Tさん、びっくりし、必死に部屋に運んで、飲み物でもと、廊下に出て進むと、

また、すっぽんぽんの男性!また、出てきたのか!と?思ったら

後ろから大声・・何とこれは中国の劇団員「何処にでもこんなのが、一人はいるんだ」とM氏が、

朝、面白おかしく報告をしてくれた。そのM氏は、この後仕事を退職し、劇団も退団、残念だった。

私には良いアドバイスをくださっていて、森田さんとは長い良い友人だった。今一度会って見たい。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.