今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

チェルノブイリ事故25年の集い

nonoblog Post in 日々いろいろ
0

  24日に開かれた集いに参加した。前回 京都でのシンポジュウムで、知った「ふりつさん」の

話があるので、行ったのだが、福島に行かれ、帰ったばかりで、まだ、整理がついていないと

話されていた。以下 具体的な話で、掻い摘んでメモしたもの。

  新幹線でいかれた中で測定器で測ったら。

「いわきで0.6ミリシーベルト・郡山1、4ミリシーベルト・福島駅1、81ミリシーベルトになった。

新幹線の中での事で驚いた。ちなみに今、私達がいるこの会場で、0.05ミリシーベルトです。

福島駅近くの公園の地面では2.73 町の中 中学校の校庭では、8、2と大丈夫かと思った。

そこは建物の隅で雨水が流れてくる所だったから、数値が高いのだが、簡単にロープを張っているだけ。

飯館村33キロ地点、21日 7.61  その近くの研修工場 11.84 20日の雪の日、雪の上16,37

雨に濡れないビニールハウスの中 5・0 ただ、その場合 地面は少なく上の方が数値が上がった。

いかに雨や雪に多く含まれているかです。

飯館村とかは、若い人は余りいないと聞いていたが、赤ちゃんとお母さんがいたりで、驚いてしまった。

しかし、関西で話ているのとは違い、現地では、気をつけて話さなければならなかった。

いろんな事情を抱えて、家を離れる困難さを聞くと、数字だけをとりあげての話は出来ない。

ただ、若い人達の中で、夢を持たないと生きていけないから、移住しても<ふるさとにいつかは戻る>を、

誓い合い、そういったグループが出来ているのがうれしいことだった。」

今日の会場にも高校生4人が、先生と来ていたのが印象的だった。先生は生徒全員に原発についてのアンケートを

とっておられる人だった。少しづつかも知れないが若い人たちが、立ち上がれば、大きな力になっていくと信じたい。

子供の被ばく限度 20ミリシーベルトへ引き上げた、文部科学省、原子力委員会、長崎大学の山下俊一教授への

批判が、どんどんと出た集まりだった。彼らは長くかかるこの事故の先にあるものが、全くみえていない。

見えていないのではなく、よく見えているのに蓋をしているのだ。

チェルノブイリ事故処理従事者 (ククビダートル)

事故当時     1000~2000人   混乱のためはっきり把握出来ていない。

その後従事者   80万人   あらゆる国中から集められた。

はじめの頃の従事者  30人 死亡。  数ヶ月での事。

移住者  30キロ圏内   12万人

高汚染地   30万人    汚染地住民   600万人が今も生活している。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.